• TOP
  • >
  • 児童買春について

児童買春について

「児童買春」
みなさんもご存知だとは思います。
連日ニュースで取り上げられていますね。
出会い系サイトを利用する上で一番気をつけなければならないのが、この児童買春です。

一応大手の出会い系サイトでは年齢認証があるので大丈夫だとは思いますが、この年齢認証はクレジットカードや、運転免許証やパスポートなどの公的書類を利用して行います。
どのように行うかというと、年齢確認のページにいき、携帯のカメラ機能を利用して自分の運転免許証などの公的書類の写真を撮ります。
このとき、自分の顔写真部分や住所等が記載されている部分は、紙などで隠してしまって構いません。
生年月日の部分をサイト側に転送すればいいのです。
一番簡単なのはクレジットカード認証なので、クレジットカード認証が管理人的にはオススメです。

結構簡単ですよね。
あなたの個人情報もほとんどサイト側にはいきません。
だからこそ注意が必要なんです。
だって、18歳未満の未成年者も他の人の身分証を使って簡単に年齢認証出来てしまうんです。
これは非常に怖いことです。
こちら側が児童買春の意図がなくとも、そのような状況に陥ってしまう可能性が少なからずあるからです。

もし児童買春の容疑であなたが逮捕されることになってしまった場合、出会い系サイトの年齢認証を信じていたと警察に伝えてもそれだけでは弱いです。

即逮捕•起訴とはいかないまでも、おそらく在宅起訴という処置をとられ、裁判が行われるでしょう。
そこまでいったらもちろん有罪判決です。

児童買春に関しては、年々厳罰の傾向がみられます。
今現在の段階では、初犯で他に余罪等がなければ、略式裁判のうえ、罰金50万円程度で済むとは思います。
ですが、前科はついてしまいます。

もし、貴方がマスコミが喜んで飛びつきそうな教員などの職業についていた場合、ニュースで実名報道されるということも多いに考えられます。
そうなってしまったら、一生肩身の狭い思いをし続けなければなりません。
そんなことになるのは嫌ですよね?
だからこそアダルト掲示板で安易に書き込みの募集にのってしまうのは避けるべきです。

出会いサイトで実際に出会うまでには多少時間はかかります。
ですが、きちんとやりとりを行っていればいつか出会う事は出来ます。
危険なことはせず、正攻法で楽しく出会い系サイトを利用していただければなと思います。