【ネット恋愛事情】人口の20%がネット恋愛経験者

人口の20%は「ネットで恋人を作っている」ことが明らかに


なんとアメリカ人の5人にひとりは、“配偶者をネットで見つけた”との研究結果が明らかになりました。
20%とは、すごい影響ですよね。
アメリカの科学ニュース専門サイトの『Science Daily』から、最新の出会い系サイトと、ネット結婚に関するニュースをお送りいたします。
アメリカ人の5人にひとりは、配偶者をネットで見つけたにも関わらず、ペンシルベニア州にあるドレクセル大学の研究によると、ネット空間で愛を探す人々にとって“結婚”が唯一の成功ではないのだそうです。
「研究チームメンバーは、それぞれ出会い系サイトを利用したのですが、出会い系サイトでの成功体験を構成する要素への研究が足りないことがわかったのです。この点は、多くの人の人生にとって重要なことであり、また研究者としても、全体像を理解したいと思いました」
続きはコチラ

–記事引用元– ニコニコニュース

ん~やっぱり日本とはネットに対する印象が大違いですね。
早くこんな感じに近づいてくれると嬉しいですが…
そして、今回の記事で注目しなくてはいけないのが、ユーザー側もしっかり選択し、どうすればネット恋愛が上手くいくのかしっかりと研究することという部分です。
はっきりとはそう書いてないですが、僕はそう捉えました。
人によって物事の捉え方は様々ですが、文章の作り方など色々な部分で研究を重ねるべき部分はあると僕はおもいます。
僕自身の勉強も兼ねて、メールの作り方などのまとめ記事をそのうち作ってこの場を借りて発表したいと思います。
ちょっと待っててくださいね!


PAGE TOP