【ネット恋愛テクニック】顔文字や絵文字で感情を表現

ネット恋愛は基本的にメールやチャットで連絡を取り合います。

仲が深まればスカイプなどを使って音声でチャットが出来たりしますが、そこへ至るまでには中々長い道のりがあるものです。

そのため、ネット恋愛はそのほとんどが文字でのやりとりとなります。

実際に相手の姿も見えませんし、声のトーンや反応が全くわからない状態で相手の心理を読み解かなくてはならないのがネット恋愛です。

相手が結構冷めてしまっているのにこちらだけが盛り上がってしまっているなんてこともザラにあります。

文字が伝えてくれる相手の心理情報って本当に少ないので、相手の心理状態を読み取るのって本当に難しいですよね。

なので私は顔文字や絵文字を出来るだけ使用するようにしています。

もちろん度が過ぎてはいけないので、嬉しいとか悲しいという感情を伝えたい時に、単純な顔文字や絵文字を入れる程度です。

ただ、人によっては顔文字や絵文字を使う人をあまり好まない人もいるので、やりとりを始めた段階で、顔文字や絵文字を使う人なのかどうかを予め聞いておくと良いでしょう。

ネット恋愛は情報収集がものを言います。

些細なことのようですが、この些細なことの積み重ねがとても大事な世界です。

お互いにどんどん質問しあって相手のわからないところを埋めていけば良好な関係をずっと保つこともそこまで難しくないですよ。

あまり一気に深入りしていくことはオススメしませんが、少しずつ相手の世界に入っていく一歩を踏み出すよう心がけるといいと思います。


PAGE TOP