• TOP
  • >
  • ネット恋愛の歴史

ネット恋愛の歴史

インターネットの普及に伴い、ネットを利用した恋愛が今流行っているのはみなさんご存知でしょうか?

90年代後半から2000年代前半はスタービーチなどの無料出会い系サイトが主流となりネット恋愛は大きく勢いを伸ばしてきました。
しかし、その後数多くの業者が参入してきたことにより、スタービーチも廃れていき、今では過去のものとなってしまっています。
業者の参入はスタービーチを潰してしまっただけでなく、悪質な出会い系サイトの量産につながり、出会い系サイトは恐ろしいものだという先入観を私たちに植え込んでいきました。
さくらばかりのサイト、法外な値段の違法請求、美人局などの犯罪…etc
さらに恐ろしいことに出会い系サイトを通じて知り合った人を殺してしまうという殺人事件まで発生するようになってしまい、出会い系サイトは完全に悪のレッテルを貼られてしまうことになりました。

出会い系サイトを敬遠する人が増えた変わりに台頭してきたのが、個人ブログや個人HPや掲示板です。
これは今でも流行っていると言ってもいいかもしれませんね。

自分という情報を発信する場を利用して、共通の趣味などを通じての恋愛関係になるという方が私の周りにも数多くいらっしゃいました。
僕も携帯電話のブログやHPを当時行っていたので、そこで仲良くなった方とオフ会を開いたり、恋愛関係に貼発展したこともあります。
やはり、個人が何か情報を発信する場を持つということはネットで恋愛をするうえで欠かせない要素の一つなのかもしれません。
そしてここ最近での一番の主流はSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。
代表的なものとしてはFacebook,mixi,myspaceや、モバゲー/グリーなどがありますね。
今名前が挙がったもの以外にも数多くのSNSが存在しているので、色々と利用してみて、自分にあったサービスを見つけるといいと思います。

これから先の未来でも数多くのネットツールが誕生してくることが予想されるので、常にアンテナを張って新しいツールへ挑戦していくこともネットで出会う上で重要になってくるでしょう。